住野よる

● 青くて痛くて脆い

投稿日:2018年10月15日 更新日:

       

約1年ぶりのブログ更新です。
これからまた、更新続けていければと思います。
「もろけんさんの書評」をよろしくお願いします。

今回は、住野よるさんの5作目となる作品を取り上げます。
相変わらず素晴らしい出来で楽しく読めました。

青くて痛くて脆い

あらすじ

大学新入生の田端楓(たばたかえで)は、
同級生の秋好寿乃(あきよしひさの)と出会います。

人との調和を大切にする楓は、
理想主義者であっけらかんとしている秋好を苦手としつつも、
次第に心を許していきます。

二人は『モアイ』という団体を作ります。
活動理念は「なりたい自分になる」こと。

しかし『モアイ』で二人が過ごす時間は長くは続かずーー。

感想・考察

「この世界に暴力はいらないと思います」

住野よるさんのうまいところは、登場人物の会話における絶妙な機微。
この作品でも、楓と秋好の会話はくすっと笑えて、
どこか甘酸っぱく、平和な日常を彩っていました。

このテンポがずっと続くんだろうなあ、面白い作品だなあと思うが矢先に
訪れる楓と秋好の突然のお別れ。

正直、これにはマジかと思いました。
ゆるふわな世界観がずっと作品で続いていくと考えていたから。

しかし、この展開は作品の深みを出すために、
非常によく考えられているシナリオでした。

モアイは設立当初、理想主義者の秋好により、
高尚(?)な理念を掲げていたわけですが、
次第に形骸化していき、就活生ご用達の団体になります。

個人的に、私も学生時代に自己啓発系の学生団体に所属していたので、
掲げる理想と現実の姿が乖離する様子は痛いほど伝わりました。

みんな学生時代に平和を唱えてアフリカとかにボランティアとかに行くのに、
結局就職するのは、大手総合商社や外資系企業なんですよ〜。
「え、やっぱり就活のためだったの?」みたいな。

楓の純粋な秋好の理想とかけ離れて行く
モアイへの怒りに近い感情はとてもよく理解できます。

ただ友人を誘ってモアイをやっつけようとする方法が、
少し間違ってましたね。

これは読み進めながらもたびたび疑問を持ちましたが、
作品の本当のテーマを提示するための伏線になっていました。

この作品が伝えたかったことは、
絶対的な「正しさ」は存在しないということではないでしょうか。
つまり、ある角度から見るとこれは丸なんだけど、
角度を変えると三角に見えるよね、みたいなことです。

このテーマが中心にあって、
それに気づかず過ちを犯してしまう若者の未熟と、
成長の姿が前後で描かれている感じです。

ただ、単純にそれを伝えるだけだと少し説教くさい話になりそうなんですが、
そこは流石、作中にいろいろな工夫が施してあり、物語としてとても「読ませます」。
そしてすごく「切実」かつ「リアル」です。

泣ける話かどうかは微妙なところだと思うんですけど、
私は、ちょっとウルウルきました(笑)

あらゆる年代にとって「感動」がある作品なんじゃないかなぁ。。。

こんな方におすすめ

  • 最近ちょっと心がギスギスしてるなという方
  • 意外な展開に驚きたいという方
  • 理想と現実のギャップに苦しんでる方

あとがき

住野よるさんの作品はハズレなしですね!
ちょっと読むつもりが一気に読破している自分がいました。
ぜひ読んでみてくださいね!

-住野よる
-,

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.