生き方・働き方

生き方・働き方

★【書評】『ゼロ – 何もない自分に小さなイチを足していく』(堀江貴文, 2013)

『ゼロ – 何もない自分に小さなイチを足していく』(堀江貴文, 2013)の書評です。刑務所生活を終え、自己の半生を振り返った名著。堀江氏の「働くこと」に対する強い思いが印象的。将来に不安を抱えるすべての人にとってオススメの作品。

生き方・働き方

■[要約/考察]これからの働き方を『インディペンデントな働き方』から考えよう

『インディペンデントな働き方』(藤井孝一 著、三笠書房 刊)の要約・考察、書評です。これからの時代に求められる「働き方」とはどのようなものだろう?本書は、新しい働き方に関する基本的な考えを平易な言葉でまとめています。

生き方・働き方

◼️書評:『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見 一郎,古賀 史健)

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』(著:岸見 一郎,古賀 史健)の書評です。巨匠アルフレッド・アドラーにより説かれる「アドラー心理学」。私は、本書を読んで「賛否が分かれるだろう」と思いました。「哲人」と「青年」による対話を通じて、アドラー心理学の姿が少しずつ浮き彫りになる構成は、見事です。

生き方・働き方

▲ 書評:『しょぼい起業で生きていく』(えらいてんちょう)

『しょぼい起業で生きていく』は…最近読んだ本の中では一番「しょぼい」本でした。人気があるようでしたので期待値が高く、その分がっかりする気持ちが大きいです。『しょぼい起業で生きていく』を読んでも、学ぶところは多くありませんが、起業を考えている人にとっては、もしかしたら参考になる部分もあるかもしれません。

生き方・働き方

◼️なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。(家入一馬)

連続起業家の「家入一真」さんの著作です。「小さな経済圏」をクラウドファンディングサイトCAMPFIREでどのように社会実装していくかについて書かれています。要約と感想を書きます。

生き方・働き方

▲0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書(落合陽一)

今やみなさんご存知の落合陽一さんの著作です。彼の本の中では、馴染みやすい内容となっています。一生学び続けることはこれからの時代に必要なことだと思います。要約と感想をお届けします。

生き方・働き方

● 新世界 著:西野亮廣

最近何かと話題の「キングコング西野亮廣」の本。実は彼の著書を読むのは初めてです。子供に語りかけるような文体が特徴的です。内容を振り返ってみましょう。

Copyright© もろけんwith , 2019 All Rights Reserved.