中村文則

中村文則

■ 『何もかも憂鬱な夜に』

「何もかも憂鬱な夜に」は、中村文則さん6冊目の本です。憂鬱を抱える刑務官の「僕」。死刑囚。自殺した親友。大切な恩師。心の闇に深く切り込んだ傑作です。

中村文則

● 『去年の冬、きみと別れ』

はじめに 「去年の冬、きみと別れ」は、中村文則さんの13冊目の作品です。 「迷宮」(新潮文庫)を読んで、彼の世界観にすっかり惹かれてしまいました。 本作は、ミステリー要素が多く、続きが気になって、一息 …

中村文則

● 『迷宮』著:中村文則

はじめに 中村文則さんの本を読むのは初めてです。 本作は11冊目の作品が文庫化されたもの。 彼の作品は、陰鬱さに定評があると聞いていました。 そのため、根暗な僕に悪影響を及ぼすと考え、敬遠していました …

Copyright© もろけんwith , 2019 All Rights Reserved.