さ行の作者

住野よる

● 青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い(住野よる/KADOKAWA)の読書感想文です。ちょっと心がギスギスしていた自分。しかし、本を読み終わると清々しい気持ちと前を向いて歩こうと思える。そんな本でした。

佐藤多佳子

■ 『黄色い目の魚』

はじめに 「黄色い目の魚」をどうして読もうと思ったのかは、覚えていません。 ただ、目の前にあって、なんとなく読み始めました。 僕は、あんまり分厚い本が好きではないんです。 だから、本作もあんまり楽しめ …

柴崎友香

■ 『虹色と幸運』

プロローグ 「どうするかなー、今後の人生」 イラストレーターの珠子、大学職員のかおり、雑貨店を始めた夏美。 30代になった三人の日常(仕事・恋愛・家族)をありのままに描いた作品です。 日常の細部が、か …

柴崎友香

▲ 『青空感傷ツアー』

『青空感傷ツアー』 著:柴崎友香 2005年11月 河出文庫より. この作品は、ポップでとても読みやすかったです。 あらすじと感想を書きます。

柴崎友香

■ 『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』

『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』 著:柴崎友香 2006年3月 河出文庫より. 表題作と「エヴリバディ・ラヴズ・サンシャイン」を収録。 恋をめぐる2つのストーリーは、せつなくユーモラスです。 あらすじと感想を書きます。

柴崎友香

★ 『週末カミング』

『週末カミング』 柴崎友香 2017年1月 角川文庫より 第143回芥川賞候補作「ハルツームにわたしはいない」収録. 非常にクオリティが高い短編集だと思いました。 日常を切り取ったような描写が特徴的。 あらすじと感想を書きます。

桜庭一樹

★ 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 桜庭一樹 2009年2月 角川文庫より. 薄い本ですが、内容は衝撃的でした。 最初から最後まで目を離せません。 あらすじと感想を描きます。

Copyright© もろけんwith , 2019 All Rights Reserved.