青山七恵

青山七恵

■ 『ひとり日和』

 今回は、青山七恵さんの芥川賞受賞作品である『ひとり日和』(2010 河出文庫)について、感想を書きたいと思います。この作品は以前、読んだことがあって、とても面白かった記憶があるものの、内容は完全に忘れちゃっていたので、再読しました。新しい作品に出会うことも大切ですが、せっかくこういうブログを書いているのですから、既に読んだことがある本も再読というかたちで今の自分のフィルタをかけて、感想を書いていければと思います。

Copyright© もろけんwith , 2019 All Rights Reserved.