沖田円

沖田円

■ 『僕は何度でも、きみに初めての恋をする』

 今回は、沖田円さんの『僕は何度でも、きみに初めての恋をする』(2015年、スターツ出版)について感想を書きたいと思います。この本を読もうと思ったきっかけは、ジャケ買いですねw 僕は本でもCDでも映画でもけっこうジャケ買いすることが多くて、てきとーだなあとか自分で思いつつも、やっぱりジャケットは作品の雰囲気を表しているものが多くて、これが意外に役に立つんですよ^^ この本は、スターツ出版の本は全般的にそうですが、ゆるふわイラストで書かれていて、きっとちょっと対象年齢もう少し低いだろうなあと思いつつも買ってみました笑

Copyright© もろけんwith , 2019 All Rights Reserved.