桜庭一樹

桜庭一樹

★ 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 桜庭一樹 2009年2月 角川文庫より. 薄い本ですが、内容は衝撃的でした。 最初から最後まで目を離せません。 あらすじと感想を描きます。

桜庭一樹

▲ 『青年のための読書クラブ』

『青年のための読書クラブ』 著:桜庭一樹 新潮文庫nexより. 文体が、表紙やあらすじから想像したものと大きく異なっていたので、ちょっと驚きました。 ストーリーは面白かったです。 あらすじと感想を書きます。

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.