江國香織

江國香織

● 『がらくた』著:江國香織

あらすじ 私は彼の存在を望み、不在による空虚さをも望んだ。 p171 45歳の翻訳家・柊子と15歳の帰国子女・美海(ミミ)、そして、つかみどころのない夫・原武男。 彼は、天性の魅力で、女性を惹きつける …

江國香織

● [感想]『神様のボート』

今回は、江國香織さんの1999年7月に新潮社から発刊された作品である『神様のボート』について感想を書きたいと思います。1999年って、今から18年も前に生まれた作品だったってことですよね。全く色褪せることのない文章の魅力を感じます。

江國香織

●『落下する夕方』(江國香織)

『落下する夕方』(江國香織)の読書感想文|落下する夕方は、「恋愛」と「狂気」が紙一重であることに気づかされる作品です。登場人物の華子の不思議な魅力は、まわりの人たちの人生にさまざまな影響を与えます。読めば読むほど味が出てくる、深みのある文章でした。

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.