奥田亜希子

奥田亜希子

▲ 『透明人間は204号室の夢を見る』

透明人間は204号室の夢を見る 奥田亜希子. 表紙が美しかったので、ジャケ買いしました。 奥田亜希子さんの小説を読むのは2回目です。 本作も、主人公の設定がとても凝っていて、細部の描写も精密に行われていたと思います。 あらすじと感想を書きますね。

奥田亜希子

▲ 『左目に映る星』

『左目に映る星』(奥田亜希子).第37回すばる文学賞受賞作.
厭世的で夢見がちな世界観が印象に残った作品です。この本を読んだ当時、とても面白く感じて、奥田さんの他の著書も購入した記憶があります。今回、再読して感想を書きました。

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.