中村文則

● 『去年の冬、きみと別れ』

投稿日:2017年7月17日 更新日:

はじめに

「去年の冬、きみと別れ」は、中村文則さんの13冊目の作品です。

「迷宮」(新潮文庫)を読んで、彼の世界観にすっかり惹かれてしまいました。

本作は、ミステリー要素が多く、続きが気になって、一息に読了しました。

感想・考察を書きたいと思います。

去年の冬、きみと別れ

あらすじ

“真の欲望は隠される”

「去年の冬、きみと別れ」は、ライターの”僕”が、死刑囚である木原坂雄大(カメラマン)の起こした猟奇殺人事件(女性2名を焼き殺す)を、本にするために、関係者に取材をおこなうという設定で進行します。

雄大の姉・朱里、”K2″のメンバー、人形師の男…。

その人が気づいていない、その人の真の欲望と、人がその「一線」を越えてしまう「瞬間」と、その「領域」にまつわる物語(著者ウェブサイトより引用)です。

感想・考察

「去年の冬、きみと別れ」は、ミステリ要素が強いので、ストーリーだけでも、楽しめる作品となっています。

その仕掛けは複雑怪奇、初読で見破るのは、至難の業です。

ただ、ご都合主義なところも散見されるため、amazonレビューの低評価につながっていると思います。

しかし、注目すべき点は、ストーリーよりも、登場人物の内面を掘り下げている描写でしょう。

特に、朱里(正確には…わかりますね?)は、いい味を出していたと思います。

「あなたでは無理ね」
「え?」
「私達の領域にまで、来ることはできない」

彼女の抱える闇は、本作の登場人物の誰よりも、深かったのではないでしょうか。

 
本作では度々、芥川の「地獄変」が引き合いに出されています。

絵に狂った絵師が、自分の娘が実際に焼け死んでく様子を見、それを絵に描く。その後絵師は自殺しますが、残ったその地獄変の描かれた屏風は凄まじい芸術性を放つ・・・。

「地獄変」が今回の事件に近しい状況であったためです。

絵師=雄大、娘=モデルの女性、屏風=写真。

唯一、異なった点は、作品に芸術性が宿らなかったことです(致命的!)。

そう、雄大は凡庸だったのです。

本当に才能を感じさせる登場人物は、人形師だけでした。

彼の作る人形は、本物よりも美しい。

個人的には、彼の話をもっと、ふくらませても良かったのではないかと思います。

 
最後に、”M・M”と”J・I”が誰であったか答え合わせをします。

前者は、木原坂雄大(白字)。

後者は、吉本亜希子(白字)。

ということで、よろしいでしょうか?

こんな方におすすめ

  • 不気味で面白い話を一気読みしたい人
  • 人間の狂気を感じたい人
  • 芸術が好きあるいは芸術家の人

あとがき

最後までお読みいただきありがとうございます^^

ミステリーな展開も楽しめつつ、人間の暗部に迫った、いい作品でした♪

評価は、●(4 point)とします。

うん、僕は、中村文則さんの作品が、好きかもしれない。

それでは!

-中村文則
-, ,

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.