佐野徹夜

▲ 『君は月夜に光り輝く』

投稿日:2017年5月15日 更新日:

はじめに

「圧倒的感動!!」

 今回は『君は月夜に光り輝く』(佐野徹夜)について感想を書きます!

 第23回電撃小説「大賞」受賞作です。

 Twitterのタイムラインを見ていたら、面白かったと感想を言っていた方を見かけたので、読んでみることにしました。

『君は月夜に光輝く』

あらすじ

巻末より、

 大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。

 高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。

 月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。

 彼女の名前は、渡良瀬まみず。
 
 余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り・・・

「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」

 この約束から、止まっていた僕の時間が再び動きはじめた。
 
 今を生きるすべての人に届けたい最高のラブストーリー

感想

「私がいつか、絶対来ないでって言っても、会いに来てくれる?」

 うん、読みやすいお話でした。

 設定の肝となるのは、まみずが患う「発光病」で、余命がわずかというところです。

 主人公・卓也は、まみずのもとに足繁く通い、死にたいリストを実現する手助けをします。

 しかし、それを消化するほど、まみずの死期が近くように感じる卓也の心情は複雑だったでしょう。

 
 
 「発光病」は、月の明かりを浴びると体が淡く光るという病気です。

 その病気の設定はすごく面白く、きっと後半でまみずの体が綺麗に光って、卓也がその美しさに下を巻くというシーンがあるんだろうなあと予感させられました。

 実際、それがどうなったかは、読者の皆さんが読んでみてくださいね。

 
 
 一つ気になったのは、登場人物の心情が想像しにくいことでした。

 特に、卓也の友人であり恩人でもある香山は、結局、最後まで、どういう人間だったのか、明らかになりませんでした。

 きっと、こういう話は、主人公に共感してしまい、泣くというパターンだと思うのですが、正直ちょっと共感しにくかったかなあというのが正直な感想です。

 
 
 会話のテンポは、可もなく不可もなくといったところです。

 最近読んだ『君の膵臓をたべたい』の会話のテンポがすごくユーモアに溢れていて軽快だったことと比べちゃうんですけど、そうするとちょっと物足りない感じはあったかもしれないです。

 
 
 さて、いろいろ書きましたが、デビュー作であるにもかかわらずストーリー構成はすごくよくできていて、今後に期待したい作家さんだなあと思いました。

 次の作品も、ぜひ読んでみたく思います!

こんな人にオススメ!

  • 読みやすい青春ラブストーリーが読みたい人
  • 病気の少女と少年の恋に興味がある人
  • 純粋な物語を読んで、感動したい人
  • 「発光病」ときいて、ピンとくる人

オススメ本を紹介

 今回は、電撃小説大賞受賞作を紹介します!

あとがき

 今回は、『君は月夜に光り輝く』(佐野徹夜)の感想を書きました!読後感は非常にすっきりしています。気になる方は読んで見てくださいー^^

-佐野徹夜
-, , , ,

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.