詩歌

【詩集】愛の縫い目はここ/最果タヒ_本当に優しい人は心にナイフを持っている【解釈】

モロケン
最果タヒの第五詩集『愛の縫い目はここ』の感想と解釈を書きます!

『愛の縫い目はここ』は、今までの作品に比べて落ち着いた印象がしたよ。
パリピ

モロケン
そうだね、作風がどんどん変化していくのは、ファンとしては楽しみだね!

※リンクを押すとレビュー記事にとびます

『愛の縫い目はここ』心に残った5つの詩

モロケン
ここでは、『愛の縫い目はここ』で心に残った5つの詩の一部を抜粋して感想をいいます!

ワンシーン

生きるたびに身軽になる、重さを忘れていくんだときみは言う。
覚えているよ、と告げることが、だから、
すべてのような気がした。
ぼくの瞳にすみついた、きみの欠片を、ぼくは覚えているよ

引用p21より

「身軽になる」と「重さを忘れる」が、人生の可能性がどんどん少なくなっていくことと、結びつけるのは邪推でしょうか。

確かに、まだ大人じゃない頃、僕たちは可能性に溢れ、故にさまざまなモノを背負っていました。

人生という旅をしていく渦中で、いらない荷物は置いていくことが求められます

でも、荷物の中には、大切なものが入っていて、
それを「覚えているよ」と告げてくれることに、優しさを感じました。

アンチ・アンチバレンタイン

この世界は美しくて何もかもができる気がする、ひかりをあびているだけで、なにかには平等に扱えてもらえた気がして落ち着くんだ。

引用p33より

『愛の縫い目はここ』の大きなテーマのひとつに「ひかり」があるように思います。

僕が思ったのは、「ひかり」を最果タヒは「救い」のように表現しているな、ということです。

世界はどうしようもなく不条理だけど、縫い目からこぼれ落ちる一筋のひかりがただまっすぐ進むから、
世界は美しいし、明日も生きていける。

自分は肯定されているんだ、とうたっているのではないでしょうか。

ふれた永遠

さいごまで私のためにすべてはあったのだと、
世界は、ちゃんと信じさせて。
なにもかもが永遠にあるべきだよ。窓のサッシに溜まった露さえも。

引用p37より

窓のサッシに溜まった露は、すぐなくなりますよね。

世の中には、瞬間の風情が生まれては消えていく。

でも刹那のひとつひとつが、大切な生命を宿していたのだと、
信じないと、生きることはとても虚しくなります。

だから、信じさせて、ということでしょうか。

光の匂い

生きていることがあいまいでもかまわないじゃないか、勝手に美しくいてくれる、草や雪があるというのに、どうして生きることを奇跡と呼ぶの。

引用p48より

最果タヒは、生きていることを過度に美化することが嫌なのではないでしょうか。

もっと正確に言えば、生きることの美学を押し付けてくる社会に、反抗したいのでは。

だって、美しくあることを求められるのは、ツラいですよね。

ぐだぐだ、だらだら、布団の中でゴロゴロしていても、
ただ、あるだけで草や雪のように十分美しいじゃないか

そんな葛藤を感じる詩でした。

坂道の詩

すれ違った人、私の声を聞いたことがある人、同じ酸素を共有した人、
清潔なんかじゃない海が、山が、日光で輝いて、
私たちは手放しにきれいとつぶやく。
大丈夫、この街が嫌いでも生きていけるよ。

引用p73より

最後の言葉にヤラれました。

人間って、すごく複雑にできているのに、単純ですよね。

綺麗じゃなくても、好きじゃなくても、やっていける。

そうやって、人は生きて、死んで。
また、恋愛をする。

この心と街の間が、愛の縫い目だと僕は思いました。

【スポンサーリンク】

『愛の縫い目はここ』の解釈

モロケン
ここでは、『愛の縫い目はここ』の解釈をするよ!

最果タヒの詩集は全部読みました。

彼女のことは、詳しくは知りませんが、優しい人だということだけは確信しています。

ただ、本当に優しい人は心にナイフを持っています

じゃないと社会を生き抜くことができないからです。

その心のナイフが鋭く表に出た作品が第一詩集『グッドモーニング』。

関連記事
★【詩集】『グッドモーニング』(最果タヒ)_10代に紡いだ攻撃性は永久に抉り続け【解釈】

『グッドモーニング』(最果タヒ/新潮文庫nex)の感想文です。グッドモーニングは、第13回 「中原中也賞」を女性最年少(当時21歳)で受賞した作品。非常に解釈が難しい詩集ですが、物語性に注目してまとめました。

続きを見る

そして、最果タヒの優しさが色濃く出たのが『愛の縫い目はここ』だと思います。

あなたの痛みに、わかるよ、と、言うことはできない。でも、誰にもわからなくても、あなたの痛みはそこにあるよ、と伝えたい。私などないまま、あなたの中に、あなたのものとなって、溶け込んでいく言葉を、書いていきたい、私にあるのはそれだけです。あなたの、曖昧さを抱きしめる、その一瞬になりたかった。

引用p93より

最果タヒは、生きづらい国で暮らしている僕たちの叫びにならない声を、代弁してくれています。

そして、僕たちの変わりに傷ついて、それでも作品を書き続けている詩人です。

僕が最果タヒの純然たるファンとなったのは、この『愛の縫い目はここ』を読んだからかもしれません。

『愛の縫い目はここ』はこんな人におすすめ!

サブカル
最果タヒの攻撃的な一面だけじゃなくて優しい一面も知りたい

生きることに必死で、誰にも頼れなくて、救いを求めている⋯。
文学青年

パリピ
記事で書かれている詩を読んで、もっと他の詩も読みたいと思った。


⇒全詩集おすすめランキングはこちら

あとがき:愛の縫い目はここ

『愛の縫い目はここ』(最果タヒ/リトル・モア)の感想と解釈をお届けしました。

最果タヒの思わぬ一面が垣間見れたのではないでしょうか?

彼女の詩集は、作品によってテイストが随分と異なります。

ぜひ、ご一読してみてください。

関連記事
【おすすめ詩集】詩人「最果タヒ」とは何者か?【ランキング】

詩人「最果タヒ」。近頃、この名前を耳にする機会も増えたのではないでしょうか?「サブカル界隈で有名らしい」とは知りつつも、彼女の正体・作風については、未だ謎⋯。本記事では、最果タヒの詩の作風に迫るとともに、「全詩集おすすめランキング」を紹介します。

続きを見る

【スポンサーリンク】
\この記事はいかがでしたか?/

© 2020 積ん読と感想わ