相沢沙呼

● [感想]『雨の降る日は学校に行かない』

投稿日:2017年3月20日 更新日:

はじめに

 タイトルの文言が気になって購入した本。

 正直かなり面白かったです!

 普段、短編集はあまり読まないのですが、この作品はとても気に入りました。

『雨の降る日は学校に行かない』

あらすじ(全体)

保健室登校をしているナツとサエ。二人の平和な楽園は、サエが”自分のクラスに戻る”と言い出したことで、不意に終焉を迎える-(「ねぇ、卵の殻が付いている」)。学校生活に息苦しさを感じている女子中学生の憂鬱と、かすかな希望を描き出す6つの物語。現役の中高生たちへ、必ずしも輝かしい青春を送って来なかった大人たちへ。あなたは一人きりじゃない、そう心に寄り添う連作短編集

ねぇ、卵の殻が付いている

あらすじ

 ナツとサエ、それぞれの事情から、保健室登校を続けています。

 そんな二人でしたが、ある日、サエが教室に戻ることになりました。

 それを素直におめでとうと言えないナツの心情。二人の絆。

感想

 ナツは、教室に戻ることが怖いと言います。

 特に明確な理由があるわけではありません。

 他人から好奇の目でみられることや、ちょっかいを出されることが嫌で、自然に身体は震え、胃が痙攣してしまいます。

 サエが教室に戻ることを裏切りのように感じ、半ば自暴自棄になり、進路希望のことを考えることもできません。

 それでも、一緒に保健室で過ごした濃密な時間、培った絆は、そういった困難を乗り越えるのに十分でした。

 ナツは勇気を出して、保健室の外に飛び出し、親友に謝意を示します。

 そこで、明かされるサエの事情。

 ゆで卵の殻が二人の絆を示すシンボルとなる本作、揺れ動くナツの気持ち、後悔、覚悟、勇気、を短い文章の中で的確に表現されていて、読者を惹きつけます。

 とても良い作品だと思います。

好きな人のいない教室

あらすじ

 森川は少し真面目な普通の女子中学生。

 他の派手な女子たちとは一線を画しつつ、なんとかうまくやっていました。

 しかし、オタクで冴えない男子の岸田と席替えで隣になり、二人きりでしゃべっているところを見られた森川はいじめの対象となってしまいます。

 他の仲が良かったと思っていた友達からも見放され、ただ一方的に詰られるのみ。

 そんな森川は岸田の毅然とした態度に喚起され…。

感想

 学校でのいじめは僕が一番嫌うものの一つです。

 あいつがこーだの、だれがあーだの、知ったこっちゃないです。

 本作の森川も本当に些細なことがきっかけで、どん底に貶められます。

 そういった残酷なことができる人たちは、想像力が本当に欠如しているんでしょう。

 そんな様子が本作ではかなり切実さを伴って描かれていて、僕はとても共感しました。

 今回は、ペンケースがある種のシンボルとされていました。相沢沙呼さんは、そういう作風なんでしょうかね?

死にたいノート

あらすじ

 藤崎は毎日死にたい理由を考え遺書を手帳に書き記している女子中学生です。

 ある日、そのノートをクラスメイトの河田に拾われて、中身を見られてしまいます。

 自分の手帳だと、伝えることができずに、河田の友達のあっちゃんと共に3人で手帳の持ち主を探すことになる…。

感想

 この作品のシンボルは、くちびるですね。

 やっぱり、シンボルを設定する作者さんなんでしょうか。

 クラスメイトの河田のはっきり通る声とは真逆にもごもご喋ることしかできない藤崎。

 手帳の持ち主探しという、決して見つかることのない活動をしていることに、罪悪感を感じてますが、それを楽しいと感じてしまっている自分。

 でも、いつかは、本当のことを伝えなくてはなりません。

 そういった心理描写が正確に描かれている作品です。

プリーツ・カースト

あらすじ

 エリはクラスでイケてるグループに属している女子中学生です。

 ひょんなことから、小学生の時の友達の真由のことを能面に似てると良い「おたふくさん」というあだ名をつけました。

 本人は、その場限りの笑いだと思いましたが、そのあだ名はクラス中から大爆笑。

 あだ名はすっかり定着してしまいます。そんな真由に対するクラスメイトの態度に煮え切らない気持ちを抱きつつもそれを否定することができないエリ。

 そんなある日、真由が歌う合唱を目にしたエリは…。

感想

 やはり相沢さんは、作品にシンボルを用いるようです。

 この作品では「スカート」でした。

 スカート丈がクラスのカーストと一致しているとエリは思います。

 丈が短ければイケてるグループ、膝まで隠してるとダサいグループ

 コミュニケーションは同じグループ同士でおこなう、そんなスクールカーストを描いています。

 通常、こういったスクールカーストについて書かれる小説などは、弱者の視点から描かれることが多いですが、本作では、強者であるエリの視点から話が展開していきます

 揺れ動くエリの心情はとてもリアルです。面白い作品でした。

放課後のピント合わせ

あらすじ

 画像投稿サイトに自身の下着姿などをアップロードして、その反響を喜んでいた女子中学生しおり。

 学校では、小学校からの友達で天真爛漫、クラスでも人気者のナオとは違い、明るいグループに所属せず、淡々と日々を生きていました。

 ひょんなことから、教師の一眼レフを借りて写真を撮ることになったしおりは…。

感想

 今回のシンボルは「カメラ」です。相沢さんの作品は、登場人物の心理が本当によく描かれています。

 本作では、しおりがいた暗く歪んだ世界から明るく光溢れる世界に心情が変わっていくさまを「カメラ」を通じて、見事に描かれています。

 きっと彼女はこれから自分の道を見つけて歩んでいくことでしょう。

 そう読者に予感させるような作品でした。

雨の降る日は学校に行かない

あらすじ

 内向的で非社交的な女子中学生サエは、クラスメイトの派手で明るい飯島から、いじめを受けるようになります。

 なんとか我慢して通学しようとしたサエですが、いじめはエスカレートして、とうとう学校に行けなくなってしまいます。

 そんなサエを心配する保健室の先生、長谷部は…。

感想

 今回のシンボルは「」です。いやー、この文章は読みながら書いているので、感想が時系列なのですが、この作品はなんと最初の作品である「ねぇ、卵の殻が付いている」と対になっています

 そこに至るまでの話の伏線がとても素晴らしいです。

 とても感動しました。本作は、サエのいじめに負けまいとする気持ちが読者に伝わってくるかのように文章が紡がれています。

 決して、逃げようとしないサエをとてもすごいと思いました

あとがき

 今回は相沢沙呼さんの『雨の降る日は学校に行かない』をご紹介させていただきました。

 時系列式に作品について書いてきましたが、最初から最後まで、著者の与える弱者による視点がとても良く描かれていて、すごく良かったです。

 とても、面白い&考えさせられる短編集だと思いますので、ご興味のある方はぜひぜひ、読んでみてくださいねb

-相沢沙呼
-, , , ,

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.