日常・青春・恋愛

日常・青春・恋愛

麦本三歩の好きなもの/住野よる_あなたの歩く先を照らす光になる

大学の図書館で働く天然系女子「麦本三歩」。職場の3人の先輩を「優しい先輩」「怖い先輩」「おかしい先輩」と脳内で呼んでいて、和気藹々と働いている。ぼけーっとしている三歩は、何も考えずに生きているようにみえる。しかし実際には、人並み以上に気持ちに対して繊細だったりする。そんな愛らしく憎めない三歩の、のほほんとした日常を大切に紡いだ作品。

日常・青春・恋愛

青くて痛くて脆い/住野よる_巻き戻せない痛みを抱えて人は強くなる

大学新入生の田端楓(たばたかえで)は、同級生の秋好寿乃(あきよしひさの)と出会います。人との調和を大切にする楓は、理想主義者であっけらかんとしている秋好を苦手としつつも、次第に心を許していきます。二人は『モアイ』という団体を作ります。活動理念は「なりたい自分になる」こと。しかし『モアイ』で二人が過ごす時間は長くは続かずーー。

日常・青春・恋愛

黄色い目の魚/佐藤多佳子_安全圏から出て、自分を変えよう

村田みのりと木島悟は、高校の同級生です。村田は、イラストレーターの叔父・通ちゃん、だけに心を許しています。木島は、絵を描くのが上手な、サッカー部員です。彼は、絵描きで他界した父親・テッセイに、一度だけ会ったことがあります。二人は、美術の授業で、ペアになったことをきっかけに、互いを意識するようになります。村田を描きたい木島と、木島の絵がみたい村田。この関係は、友情?それとも恋愛?思春期の微妙な心の揺れと成長を描いた傑作です。

日常・青春・恋愛

■ 【書評】『虹色と幸運』(柴崎友香)_ちゃんとした大人になれてるのかな?

「どうするかなー、今後の人生」イラストレーターの珠子、大学職員のかおり、雑貨店を始めた夏美。30代になった三人の日常(仕事・恋愛・家族)をありのままに描いた作品です。日常の細部が、かけがえなのない瞬間の連続だと気づかされます。

日常・青春・恋愛

▲ 【書評】『青空感傷ツアー』(柴崎友香)_友情と恋心のポップな旅物語

面食いな主人公・芽衣は、絶世の美少女・音生(ねお)の言いなり。二人は思いつきのまま、大阪->トルコ->四国->石垣島へと感傷旅行を敢行します。友情と恋心を切なく描いたキュートでポップな物語です。

日常・青春・恋愛

■【書評】 『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』(柴崎友香)_大切なことは日常に潜んでいる

『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』(柴崎友香/河出文庫) の読書感想文です。せつなくユーモラスな作品です。あらすじと感想・考察(ややネタバレ)を書きます。

日常・青春・恋愛

★ 【書評】『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』(桜庭一樹)_海野藻屑(うみのもくず)が放つ異彩

中学生の山田なぎさに必要なのは、リアリズムという”実弾”でした。それ以外のことには、決して興味を向けなかったなぎさ。一方、ある日、突然やって来た不思議な転校生・海野藻屑は空想という名の”砂糖菓子の弾丸”を撃ち続けていました。その弾丸を浴びせられ続けたなぎさは、次第に藻屑に心を開いていきます。しかし、海蘊は日夜、父親からの暴力に曝されており、とうとうーーー。胸の中を掻き毟られる痛みに満ちた青春文学です。

日常・青春・恋愛

●【書評】『モノクロの君に恋をする』(坂上秋成)_恋愛×漫画の青春ストーリー

浪人覚悟で受験した大学に合格した小川卓巳は、超がつくほど漫画が好き。流されるまま、漫画サークル「パラディーゾ」に入った卓巳を待っていたのは、グラサンと元ヤンと極道女とナルシストの先輩 + 同期の美少女・天原陽美(あまはらみなみ)と漫画について熱く語り合う日々でした。それは、卓巳が思い描いていた薔薇色のキャンパスライフとは違っていましたが、漫画に対する情熱をはじめて共有できる仲間ができたことに、喜びを感じる卓巳。ある日、先輩が「プリズン」と呼ばれる部屋への扉を開けた時、目の前に広がっていた光景とはーー。

日常・青春・恋愛

天使は奇跡を希う/七月隆文_ある日突然、天使がやってきたら?

瀬戸内海にほど近い町、今治の高校に転校してきた優花は天使です。 いや、そういう比喩ではなく、本当に天使なのです。 背中からは大きな翼が生えています。 ただ、その翼を見ることができたのは、幼馴染グループの良史、成美、健吾の3人だけです。なぜ、この3人には翼を見ることができたのか? という疑問は残りますが、彼らは優花の「天国に帰りたい」という願いを叶えるために、様々な場所を訪れます。 しかし、優花が天国に帰る方法は依然としてわかりません。 時間はいたずらに過ぎていきます。そして、読者はやがて、優花の「嘘」を知ることになるのです。 ここから、物語は急展開を迎えます。

日常・青春・恋愛

にじいろガーデン小川糸_性別を超えた愛と家族の物語

『にじいろガーデン』(小川糸/集英社文庫)の読書感想文です。とても感動的な作品です。後半は、ほとんど泣きっぱなしで、ページが前に進みませんでした。あらすじと感想・考察(ややネタバレ)を書きます。

Copyright© 積ん読と感想わ , 2020 All Rights Reserved.