ビジネス・自己啓発

『動画で稼ぐ仕事術 作ると使うの2つで変わる』(木村博史)_動画作成は始めたもの勝ち

モロケン
『動画で稼ぐ仕事術』(木村博史)を簡単に要約するよ〜!

『動画で稼ぐ仕事術』の対象読者

【スポンサーリンク】

『動画で稼ぐ仕事術』の要点を5つにまとめる

『動画で稼ぐ仕事術』の要点を5つにまとめました!

Youtubeは作り手市場

Youtubeのアクティブユーザー数は約4,300万人いるそうです。

これは、SNS全体で第三位の数値。

しかし著者によると、他のSNSと比べて発信者数が圧倒的に少ないとのこと。

つまり作り手市場だといえます。

閲覧という視点からみると、成熟期。

作成という視点からみると、黎明期。

これをチャンスととらえるかは、みなさん次第です。

メッセージを言語化する

動画広告を作るときは、きちんとメッセージを言葉にしましょう。

例えば、「商品買ってね!」とか「チャンネル登録してね!」とかです。

著者は、(商業)動画の世界ではニュアンスの文化はないと断言しています。

すぐに使える動画の構図

みなさんは三分割法をご存じですか?

次の画像をご覧下さい。

左側に注目させたいものを配置すると効果的です。

まずは100本作る

動画作成は地道にコツコツ続けないと結果が出ません。

100本目から土俵に上がれると意識しましょう。

継続的に動画をあげることで、SEO効果もあるようです。

閲覧数が少なくても、落ち込まないでください。

動画作成は始めたもの勝ち

僕も動画作成をしていますが、動画作成は難しくありません。

ただ、本気でプロのような動画を作るためには大変でしょう。

でもWebで気軽に見てもらえるものを作ることは簡単です。

みんな動画作成は敷居が高いと考えているようです。

だから著者は、動画作成は始めたもの勝ちと述べています。

あとがき

モロケン
『動画で稼ぐ仕事術』の要点を復習しよう!

  • Youtubeの作り手市場は黎明期
  • きちんとメッセージを言語化しよう
  • 「三分割法」を活用しよう
  • 定期的にコツコツと動画をあげる
  • 動画を作ることは難しくない

モロケン
もっと詳しく知りたい人は、本でチェックしてね!

【スポンサーリンク】
\この記事はいかがでしたか?/

© 2020 積ん読と感想わ