貫井徳郎

● 『私に似た人』

投稿日:2017年11月19日 更新日:

今回は貫井徳郎さんの
「私に似た人」の感想を書く。

貫井さんの作品を
読むのは初めてたったので、
「どういう話を書く人なんだろう?」
と、興味津々だった。

私に似た人

あらすじ

「小口テロ」という小規模テロが頻発する日本。

テロを起こした犯人は、
自らをレジスタントと称する。

各章により、
キャラクターが入れ替わって、
多面的に「小口テロ」という現象を、
捉えることができる。

感想・考察

「小口テロ」が発生する背景に、
日本社会の弱者に対する冷遇さがある。

日本人は自分の周りの人には、親切だが、
他人に対しては、冷たい。

攻撃をしていい対象を見つけたら、
みんなで一斉攻撃をしかける。

社会問題に関しても、
個々人が問題意識を持つことは少ない。

この話はフィクションだが、
日本の現況に関する記述は、
驚くほど的を射ている。

このような、
日本社会を変えるために、
社会の下層にいる人たちが
レジスタントとなり犯行に及ぶ。

しかし、
レジスタントは自ら能動的に、
テロを起こしたのでない。

それを教唆した人物がいるのだ。

それが「トベ」と呼ばれる人物である。

「トベ」は、ネズミ講のように、
テロを教唆する存在を増殖させ、
(HN:トベを貸す方法で)
「小口テロ」を主導した。

「トベ」の正体とは?

それは、
本書をよんで確かめてもらいたい。

意外な人物であったということだけ、言っておく。

若い世代が冷遇されている危機意識は私にもある。

そして、
現状を変えるためには、
過激な方法をとることが、
必要かもしれない。

ただ、
本書のように「トベ」になる存在は、
現れないだろうし、自ら人柱になる気もない。

だから、
現状を受け入れることが必要なのだ。

諦めて、些細な幸せを大切にすればいい。

これが私の、
テロやデモを代替する
現実的手段といえる。

ところで、本作を読んで、
攻殻機動隊のStand Alone Complexを
連想した人は多いはず。

テロやデモは新しい時代に入ったのだろう。

こんな方におすすめ

  • デモやテロに興味がある人
  • 日本社会の闇を感じたい人
  • 日本の現状を憂いている人

あとがき

貫井さんは、
私が好きなタイプの作家さんかもしれない。

他の著作も積極的に読みたい。

-貫井徳郎
-, ,

Copyright© 積ん読と感想わ , 2019 All Rights Reserved.