×=1_point

× 【書評】『劇場』(又吉直樹)がつまらないと思ってしまった理由

売れない劇団の脚本家・永田と女子大生・沙希は、東京で出会い、恋に落ちた。 お金がない永田は、沙希の住む部屋でひもとなる。 そんな永田にも優しさをふりまく沙希だったが、永田が自身の才能に疑問を持ち始めると、比例するように関係は悪化していく。 人間の醜い感情が目一杯溢れ出た恋愛小説。

× 『何様ですか?』(枝松蛍)_最後に待っていたどんでん返し

中学時代に義父から性的暴行を受けた女子高生・平林美和は、義父に殴り殺された弟”ユウちゃん”を内面化し、その囁きに従って”ファイナルプラン”と名づけられた大量殺人計画を遂行しようとする。一方、倉持穂乃香は意識が高く社交的で、自らの日常や読んだ本の感想をブログに書き続けていた。そんな倉持を嘲笑しながら着々と計画を進める平林であったが、その先には思いがけない事態が。

© 2020 積ん読と感想わ